2017年07月25日

GOOG(アルファベットC)2017年第二四半期決算

20170725.jpg


こんにちは、米国株ブログウォッチャーのハイパー愛生男です


昨日の米株式市場でダウは3日続落
前週末比66ドル90セント(0.3%)安の2万1513ドル17セント

今週は25~26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え
週初にひとまず利益確定の売りが出たとの指摘が聞かれた

債券市場で米金利が上昇
通信株や公益株など配当利回りの高い銘柄に売りが広がった

金利が上がると今まではハイテク株が売られていたんですが
高配当銘柄も売られているとのことです

これまで発表された主要企業の決算は総じて好調
各国の金融政策も引き締め方向には動きにくいとの見方が多い
当面は株価上昇が続くとみた買いが入りやすい」(米株の営業担当者)という。

ナスダックは反発
前週末比23.054ポイント(0.4%)高い6410.808
最高値を更新しています

S&P500は2.63ポイント(0.11%)低い2469.91


為替は昨日の夕方には110.70割ってました
そこらへんでドル転できてたらなぁ
米政治情勢の先行き不透明感や日経平均株価の下落
リスク回避姿勢がとられ円高だったようです

為替は11時時点で1ドル111.20円
先週末と比べると10銭ほど円安ですが
米長期金利の上昇に連れて円が売られたとのことです

結構ボラありますね


広告の下に続きます

スポンサードリンク






GOOG(アルファベットC)2017年第二四半期決算が
月曜日のアフターマーケットで発表されました

Alphabet Announces Second Quarter 2017 Results

17年第二四半期(4月1日-6月30日)決算米国会計基準(GAAP)
売上高 260億1000万ドル(21.0%増
営業利益 41億3200万ドル(30.8%減
当期純利益 35億2400万ドル(27.7%減
1株当たり当期純利益 5.01ドル


Alphabet stock drops on concerns that
revenue growth is going to cost more
(CNBC)

Googleの親会社アルファベットは第二四半期の利益は
ヨーロッパでの独占禁止関連の大きな罰金の関係で
大幅に減少したと報告

アルファベットの株価はクリック単価が
アナリストの予想15%ダウンに対して23%のダウンだったため
下がっています

アルファベットは27億4000万ドルの罰金により
利益が低下したことを報告した

2つのキーとなる数字(クリック単価とトラフィック獲得コスト)が
予想を下回ったパフォーマンスが報告されたため
株価は3時間後に約3%下がった

・EPSはアナリスト予想4.49ドルに対して5.01ドル

・売上は260億1000万ドル(前年は215億ドル)

・有料クリック数:前年比52%増加

・クリック単価:対前年比23%減少

StreetAccountによれば、携帯端末からの検索トラフィックが増加したため
クリック単価 - ユーザーがGoogleの広告をクリックするたびに広告主が支払う金額 -
の下げはアナリスト予想15%よりもはるかに大きかった

トラフィック取得費用は50億9000万ドル
アナリストによる推定47億5,000万ドルよりも高かった


アルファベットのCFO Ruth Porat氏は

「トラフィック取得費用は増加を予想している」

「それでもEUの罰金を除く営業利益は
 前年同期比15%増加した」

「売上はアナリスト予想19%より高く
 21%近く成長した」

アルファベットは「利益率ではなく」
売上と営業利益の「ドル成長」にフォーカスしていると
Porat氏は述べています

Porat氏は記者との電話でGoogle Fiber事業の拡大が
一時停止したことを反映して
同社の設備投資の伸びが低下したことにより
営業利益が増加したと述べた


同社の売上成長は主にYouTube広告と
モバイル検索広告によって支えられています


アルファベットはデジタルビデオ広告
の急成長市場でシェアを得るために
FB(Facebook)と従来のテレビネットワークを競い合いながら
新しいコンテンツを追加しています


YouTubeは6月に月間15億人のユーザーを獲得
既にYouTube Redのサービスで提供している37のテレビ番組に
12の新しいテレビ番組を追加すると述べた


GoogleのCEO Sundar Pichaiは、モバイルユーザーと
テレビを意味する「大画面」の新興市場で
YouTubeが「強力な成長」を見ていると語った。

YouTubeは検索のように世界的に大規模に拡大している

同社は今四半期中に1,000人以上の従業員を雇用し
そのほとんどはGoogleのクラウド事業に参加し
現在は75,600人以上の従業員を抱えています


アルファベットはより多くの消費者がスマートフォン経由で
そのサービスを利用するにつれてコア検索製品を更新している

しかしイノベーション(技術革新)の推進は
欧州の規制の壁に突き当たっている

Porat氏はクラウド事業への投資とハードウェア製品の販売促進を目的として
今年下半期にはマーケティング費用が最初よりも高くなるとアナリストに語りました



私としては良い決算だったんじゃないかと思うんですが
アフターマーケットでは終値から約3%株価は下落しています

売上は伸びています

クリック単価は下がっていますが
クリック数は増えています

利益が下がっているのも欧州の罰金によるところです

株価はまた金利とかに釣られて上下すると思いますが
今後株価が上昇して行ってもおかしくないと思いました



「GOOGの決算は悪くない」
と感じた方は是非、↓の米国株のバナーをクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク


posted by ハイパー愛生男 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック