2017年08月17日

トランプ大統領インフラ承認迅速化の大統領令に署名

20170817.jpg



こんばんわ、米国株ブログウォッチャーのハイパー愛生男です


昨日の米株式市場でダウは4日続伸
前日比25ドル88セント(0.1%)高の2万2024ドル87セント
小動きですね

発表された7月のFOMCの議事要旨で
米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な金融政策が長期化し
株式市場への資金流入が続く
との期待が広がった


小売株が好調

ディスカウントストアのTGT(ターゲット)
市場予想を上回る2017年5~7月期決算と
業績見通しの上方修正を発表
株価は3.61%上昇して56.31ドル
現在の配当利回りは4.40%

ホルダーの方おめでとうございます!

HD(ホームデポ)も反発
株価は1.39%上昇して152.25ドル



ナスダックは反発
前日比12.096ポイント(0.2%)高の6345.109


S&P500も反発
前日比3.50ポイント(0.14%)高の2,468.11



為替は14時時点で1ドル=109.85円付近
昨日と比べて1円ほど円高

トランプ大統領は米大手企業のトップらで構成する助言機関
「米製造業評議会」と「大統領策略・政策フォーラム」を解散すると
ツイッターに投稿

トランプ大統領はツイッターの方が国民にダイレクトに伝わると
考えているところがあるのかもですね
それぐらいマスコミを信用していないのか

市場では米政権の政策運営への懸念からドルが売られました

7月のFOMC議事要旨が公表され
市場では年内の追加利上げに懐疑的な見方が増えた
日米金利差が縮小するとの観測から円買い



広告の下に続きます

スポンサードリンク





米、インフラ承認を迅速化 トランプ氏が大統領令
(日経新聞)


 【ワシントン=共同】トランプ米大統領は15日、道路や橋などの主要なインフラ建設計画の承認手続きを迅速化する大統領令に署名した。経済政策の柱とするインフラ投資の加速につなげる。

 トランプ氏はニューヨークのトランプタワーで記者会見し「現在は承認まで10年以上かかることもあるが、高速道路なら2年以下になる」と述べた。環境影響評価の手続きなどを短縮する。

 トランプ政権は10年間で官民合わせて総額1兆ドル(約110兆円)をインフラ整備に投じる計画だ。しかし、インフラ投資や減税の財源を生み出すと期待していた医療保険制度改革(オバマケア)の見直しが暗礁に乗り上げたことで、インフラ計画は進んでいない。

 会見に同席したホワイトハウスのコーン国家経済会議(NEC)委員長は記者団に対し、11月23日の感謝祭までに税制改革を実現し、その後にインフラ投資計画の実行に移ると説明した。
(ここまで引用)


インフラ承認迅速化とのことです
前オバマ大統領は環境問題を理由に
建築基準を厳格化する大統領令を発令していました

今回のトランプ大統領の大統領令は
それを無効にするものとのことです


環境問題を重視する方からは反対の声もあがりそうですが


高速道路が環境調査などで10年かかって建設着工しても
経済効果的には10年後になってやっと
建材・人件費・建機などが消費されることを考えれば
そのプロセスのスピードアップは経済的に見ればプラスだと思います


日経の記事では
11/23の感謝祭までに税制改革を実現し
その後にインフラ投資計画の実行
とのことですが
両方議会マターになると思います


政権の求心力が低下しているといわれているトランプ政権ですが
税制改革・インフラ投資共に実現すれば
シーゲル教授の言う年末にはダウ24000ドル
見えてくると思います


厳しい道のりかもしれないですが
なんとかやり遂げてもらいたいですね



「まず税制改革の成功を!」
と思う方は是非、↓の米国株のバナーをクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク


posted by ハイパー愛生男 at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする